お弁当配達し隊お弁当新聞&健康通信4

今月は、近頃のお弁当事情についてです。 最近あった、お弁当の相談3件のお話を、させていただきます 。 1件目は、都内の有名スポーツジム(有名プロ野球選手のトレーナーが主催) からきた、お弁当の相談です。 高たんぱくで、脂質を抑えるお弁当の依頼でした。ご飯は、なしで さかな、 鶏肉などは、150g(かなりおおきいです) 野菜は、緑黄野菜を中心にゆでる、蒸すの調理法で日替わりで納 入してくれとのことでした。納入金額・数量などの問題で成約 にはいたりませんでしたが、かなり内容の濃いもの(すぽーつ だいえっと料理?)を勉強できました。 (うちの日替わり弁当より少し小さめの容器で1000円で売るそうです) 2件目にあったのは、これも都内の自然食スーパーからの依頼でした。 ご飯は、玄米食・五穀米などで、カロリー指定があり、たんぱ く質は、これも魚と鶏肉の指定でした。大豆食品を多く使用す るようにとの要望もありました。これは、引き続き商談中です 。上の2件は東京で扱いました。   3件目は少し込み入った深刻なお弁当の依頼です。 ○○患者さんのセミナー用のお弁当です。 会の主催者の学説どうりのお弁当を作ってくれないかとの相談です。 ご飯は、玄米食で、砂糖は使わない。油は、オリーブ油かごま 油で一回ずつの使いきり(油の酸化がよくない)肉・魚はなし、 野菜は皮をむかずに蒸し煮したものを、あくも採らずにいただく。 ご飯は、100回かむため一口入れたら箸を置く習慣をつけ るなどです。主催者のサイトを見ても、怪しいものを売りつけ るようなものではなく、しっかりしていると判断したため協力することにいたしました。 これもとても勉強になりました。 やはりスポーツの世界でも、病気を治そうとする会でも食事が 主でサプリメントは従が、このごろの流れみたいです。 まさに、“食べることは明日の自分への優しい大切な投資です”ですね。 最近、食事の前に子供のころに教わった ”いただきます“を言うように気をつけている、林がお伝えいたしました。 イベントのご予定がありましたら、お知らせください。

このページの先頭へ

お弁当配達し隊 川崎 横浜